ソフトバンクおとくラインはどんな人が契約するべき?

2017年03月30日 13時05分

128464.png
ここでは、おとくラインはどんな人が
契約した方が良いのかをまとめます。


 

ソフトバンクおとくラインのおさらい

おとくラインはどういうサービスかということをおさらいすると、
法人向けの低料金の固定電話サービスでした。(個人もあり)

しかし、固定電話サービスと言っても、同じ会社のソフトバンク携帯との
通話も無料になるようにプランを組めたりもするので、会社の通話サービス全般に
関わってくると認識した方がよいかもしれません。

これらを踏まえて、おとくラインを契約するべき人を挙げてみたいと思います。



 

おとくラインを契約するべき人

下におとくラインを契約するべき人を挙げていきます。

l_e_others_72.png会社のコストを少しでも下げたいという経営者や担当者
今まで使っていたNTTの回線から変更すれば、基本料も通話料も下がるので、
少しでもコストを下げたいと考えている方にはとてもオススメです。



l_e_others_72.png会社の規模が大きくなるに伴って固定電話契約を考えている経営者や担当者
会社が大きくなってきたなどで、オフィスに固定電話を設置しようと考えている方にも、
NTT回線よりも格段に安いおとくラインはオススメです。



l_e_others_72.png引っ越し先でどの回線を使おうか悩んでいる経営者や担当者
引っ越し先でどの回線を使おうか悩んでいる方も安いおとくラインはオススメです。


 

おとくラインを契約しない方が良い人

逆におとくラインを契約しない方が良い人を挙げます。

l_e_others_72.png固定電話を使わない企業
ほとんどオフィスにいないような、
固定電話を使わない企業であれば、おとくラインを契約する必要はありません。

余計なコストは払わずに携帯電話で業務を回した方が良いでしょう。



 

 

おとくラインを契約すべき人まとめ

128464.png
おとくラインを使えば固定電話を使っていない企業出ない限り、
多くの企業でコスト削減が実現できます。
おとくライン.jpであれば、初期費用もかからないので、
オススメです。

 


 
おとくライン.jpはこちら


おとくラインを未契約の方はおとくラインのメリット・デメリットなどを参考にしてみてくださいね。